<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< 祖国とは国語 (新潮文庫) | main | 七歳までは夢の中―親だからできる幼児期のシュタイナー教育 (学陽文庫) >>
*スポンサーサイト*

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * - * *
*たろうのひっこし (こどものとも傑作集 (72))*
評価:
村山 桂子,堀内 誠一
福音館書店
¥ 840
(1985-02)
次女が公民館から借りた本。

「おかあさん、ぼくじぶんのおへやがほしいな」の声に「はいどうぞ」とおかあさんが差し出したのはじゅうたん。
たろうは、たくさんの動物たちやお友だちの要求に「そんなのかんたんさ」と柔軟に答えて仲間をふやしていきます。
このたろうの柔軟な人に好かれる性格は、まちがいなく、彼のすてきなおかあさんの影響とわかります。

さくらの木の下でパーティを始めたたろうとお友だちに、

「まあいいところにたろうのおへやができたわね。それにおいしそうなケーキ。まみちゃんありがとう。てをあらってからいただきなさい」

このせりふ、完璧でしょう。なんて素敵なお母さん!
最後のページでお母さんも一緒にジュースを飲んでいる姿がなんともいえません。

絵本、実はハハの勉強にもなります。ありがたいっす!
* comments(0) * trackbacks(0) * こどもと読んだ絵本たち(日本の絵本) * 22:09 *
*スポンサーサイト*
* - * - * - * 22:09 *
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック