<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集 (61)) (こどものとも傑作集 (61)) | main | おーちゃんのおーけすとら (ブルーナのたのしいべんきょう (6)) >>
*スポンサーサイト*

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * - * *
*いやいやえん―童話*
評価:
中川 李枝子,大村 百合子,子どもの本研究会
福音館書店
¥ 1,260
(1962-01)
長女が寝る前まで布団の中で読んでいて、力尽きて本をうつぶせにしたまま寝て、土曜日の朝一番に起きてまた続きを読んでいたみたいなのです。

100さつ絵本にあったの本なのですが、結構分厚いので寝る前の読み聞かせにはむかず、なかなか着手しないでいました。

とうとう着手して2日で読破していました。

こんなに長い本を、日をまたいで読めるようになったんだねえ・・・

おまけに、100さつ絵本のノートに、「すっごくおもしろかった!!」と◎マークがついていました。

成長を感じました。
* comments(0) * trackbacks(0) * こどもと読んだ絵本たち(日本の絵本) * 13:21 *
*スポンサーサイト*
* - * - * - * 13:21 *
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://sayuzobooks.jugem.jp/trackback/138
トラックバック